気密性の高い住宅とは

部屋

注文住宅はローコスト化が進むと共に、住宅性能も高まっています。これは施工の効率化を図るためにパッケージ化する際に、基本性能を高めるような設計を標準化しているのが理由です。そしてその性能のひとつとして、高気密住宅が提供されています。これは外気から室内環境を守る構造とすることで、影響を受けにくくしたものです。このように気密性を高めることによって得られるメリットとして、外気の温度変化の影響を室内が受けにくくなることが挙げられます。そのために室内の空調を一定に保ちやすくなるわけです。つまり、エアコンなどの冷暖房設備を使用する場合に、その運転効率が高まるということになります。その結果、電気代などがあまりかからなくなり経済的となるわけです。

光熱費の削減につながる高気密住宅の特徴として、まず外壁の隙間などを無くすよう施工されていることが挙げられます。さらにその壁には断熱材が使用されるので、外気との熱のやり取りが少なくなります。そして最も外気の影響を受けやすい窓に工夫がほどこされています。ガラスをペアガラスにすることで、熱のやり取りが無くなるのです。また窓枠も断熱処理が施されることで熱を伝えにくくしています。ただし高気密住宅の特徴として注意したいのは、湿気も室内に留めてしまうことです。外に逃がすことができずに結露やカビの発生原因となります。そのために高気密住宅では湿気対策が必要です。エアコンのドライを活用したり、調湿機能を持つ壁材を使用するなどの対策が取られることになります。