マイホーム購入のスタイル

一戸建て

賢い購入プランとは

約30年前のマイホーム購入の特徴は、まず最初にマンションを手に入れたうえで、数年後に一戸建て住宅に住み替えることです。しかし住宅ローン金利が著しく低下しているので、最近では初めてのマイホーム購入で一戸建てを選ぶのがトレンドです。将来的にも超低金利が約束されているために、住まいの購入で役立つのが固定金利の住宅ローンです。早期に一戸建て住宅を買うことで、時間をかけてローンを返済することが可能です。そのために最も賢くマイホームの夢を実現しているのが、30歳前後の新婚カップルです。結婚時に住まいを購入する場合には、共働きのメリットを生かして十分な自己資金を用意するべきです。潤沢な自己資金を用意することで、住まい購入後の家計の管理も円滑に行えるでしょう。

今後の人気物件の特徴

ハウスメーカーの価格競争も激しくなっているので、今後の新築一戸建ての主流はローコスト住宅です。ローコスト住宅は価格が割安なことに加えて、工事期間が短いメリットも大きいです。専用の工場で建材の製造や組み立ても行うことで、天候に関わらずに計画的に住宅建設が行えるでしょう。工場の活用による工事期間の短縮は、建築プロセスにおける人件費の削減にも効果的です。したがって将来的に主流になるプランは、坪当たりの建築コストが30万円から40万円です。一方で低価格の物件を若い世代が購入するために、インテリアにもこだわるのが今後の大きな流れです。キッチンの色彩やドアのデザインが自由に選べるプランが、今後の主力商品になるでしょう。